玄米、黒米販売中です。

2015年12月21日

雨のあいまに

昨日は朝から快晴!
お米干し日和だ!

マッサージの仕事に出かける前に干して
帰ってからしまおう、とおもい
玉(ギョク)さんと二人でせっせとお米を干しました。

R1288217.JPG

1時間かけて
やっと全部干し終わったら
黒い雲がどよーーーーんとやってくるではないか・・・

かんべんしてよ〜〜〜

いよいよ暗く怪しくなって
ちょびっと降り始めた。

また慌てて袋に詰め・・・・・終わる頃に

黒雲は去っていった。。。

再び さんさんと太陽が。。



と 徒労感。。


出して入れる時間、2時間
干した時間、小一時間・・・

0.1%くらいは下がったかな、、水分量。


心地良いほどの徒労感とともに
お仕事に出かけましたとさ。



最近は雨の間をくぐり抜けるように
外仕事。
天気予報が当たらないので(草ノ尾だけ?)
風や温度や湿度をいつも意識するようになりました。
そのうち天気読めるようになったりしないかなぁ。



春には
いろいろ植えられるように
雨の合間を縫ってちょこちょこと
畝作り進行中です。



R1288206.JPG
キャベツはもう食べられる、と思いながらいつも見ている。。

R1288207.JPG
この向こうに広がる手つかずのところ、年明け1月中には
やってしまいたい。(手作業)

R1288200.JPG
3ヶ月ほどビニールかけてた畝に竹チップ仕込んだ。もっと後のための。
posted by egri at 00:26| Comment(2) | 畑のこと
この記事へのコメント
天日干しのお米おいしいでしょうね。昔は厚い藁のむしろ(佐賀の白石地方では「ねっぷく」と呼んでました)でしたが、今はブルーシートなので軽く楽でいいですね。でも、ねっぷくだったら更においしいと思います。
Posted by モモザキカズヒコ at 2015年12月22日 12:45
モモザキさん コメントありがとうございます!
むしろのこと、白石ではねっぷくって言うんですね。
そう、ブルーシートではどうしても表面しか乾かなくて、「むしろがいちばんいい」と、この辺りの農業の先輩も言っていました。今はむしろ、ないですねー、昔は自前でみんな作っていたそうです。
むしろ編みの道具が納屋の屋根裏にありました。
大先輩が健在のうちに習いたいなあ。。
Posted by egri at 2015年12月23日 23:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: