2016年03月10日

発酵WS大会

今日は雨
発酵ワークショップ的な一日となりました。


私は味噌作りを教えて
ジェシカはマフィン作りと レーズンから天然酵を起こすっていうのが
同じ家の中でほぼ同時に遂行されて、
マフィン(ドライイースト使用)と天然酵母は別のことなんだけど
ごっちゃになりそうなんで
メモとして記します。



カナダで天然酵母のベーカリーを経営しているジェシカ。
いつもは小麦粉と水だけで酵母を起こしてるそうです。

酵母おこし見てみたいと頼み
小麦粉だけのやり方は残りの滞在期間では時間が足りないので
レーズンを使ってやってもらっています。(まだ育ってる途中)



はじめジャムの小瓶にレーズンと水を入れて25〜37℃くらいで2日くらい。
寒いのでなかなか動きがおそく
昨日、泡が出てきて、アルコールの匂いがしてきて
もうすこしかな、、というところでしたが
ジェシカの発つ日も迫ってきてるので次のステップへ。




発酵が始まったレーズンの液と小麦粉(全粒強力粉)を混ぜるんですが
酵母の活動がちょっと弱いので
ジェシカ、「保険」だと
ドライの天然酵母(白神山地の)を2粒(!)
見えますか?赤い丸の中。顆粒が2粒。

R1288725.JPG

R1288726.JPG

それを混ぜます。

R1288728.JPG


温かいところで寝かせます。
(瓶に湯を入れ 湯たんぽにしてウォーマーで包んで箱の中に)


一晩たって
ぷつ、ぷつ、、としてきたら
また粉と水を足して混ぜて

R1288730.JPG


再び寝かせる。

R1288731.JPG


およそ8時間後
容器いっぱいに元気に育ってました。

R1288754.JPG


増えたので大きい瓶に移し
三回目の餌(同じ粉)と水を足して

R1288757.JPG

R1288758.JPG

混ぜたらまた箱の中へ。
今度は熱はいらない、冷たくならなければ良いということです。

あすの朝が楽しみです。



長くなるので
マフィンと味噌のレポートは
また後ほど。










posted by egri at 00:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: