2016年05月12日

父の妄想


前者後者論 読みました?
(たくさん枝葉に分かれて膨大な記事になってるけどタイトルでピンとくるのだけ読んでもよろしいかと)


ま、私は正真正銘「後者」だったんですけども

私にないものを求められて
「できないものはできない」「ないものはない」と言ったとき
はじめに返ってきた言葉は

「できないって言って努力をやめたらそれまでじゃないか。
そこで(成長が)止まってしまうじゃないか。」


そう。それは正論
往々にして
今の世の中、前者であれ、前者を良しとする社会。
努力して成長するのがあたりまえ。
計画的に、効率よく、生産的なのが、常識です。
結果重視。




中学生くらいの時か、今は亡き父がしみじみ私に言ったこと。

「お前がどこか南の島に生まれてたら、
 手を伸ばせば果物がなってて
 食うのに困らないような南の島に生まれてたらなぁ・・
 お前はそのまんまで
 間違いなく楽しく、しあわせに暮らせると思うぞ
 しかしな、ここは日本だ。。。
 
 ちゃんとしろ。」



あ、あと余談ですが
ちょうど浩宮様が結婚相手が誰になるか?ってテレビで騒がれてた頃
わたし高校生だったかな
テレビを見ながら父

「もしも、もしもさ、ぜっったいありえんけど
 もしも浩宮様が朋子と結婚したいって言ったとしたら
 間違いなく反対されるたい?
 あの人だけはおやめください!ってさ
 それでも、いや!僕はこの人と結婚する!って言いはったらさ・・・
 朋子は影武者に殺されるやろうねぇ。。。」

 ・・三人姉妹なのに、どうしてその妄想に私を起用する?(゚ロ゚)
   いや、私だからこそ、の妄想なんだね・・ 


私はできないことがたくさんあるけど
昔から本当にいろんな人に助けられて、かわいがられて、愛されて
生きてきたと思う。
そこはほんとうに恵まれている。


こんな私の将来を案じながらも
父は私を面白がっていた。
大真面目な顔をして怒ろうとして
そのうち笑い出すっていうことがよくあった。
「おまえってやつは・・・」苦笑

言葉ではいつもうるさく言ってたけど
言葉より態度に出てるそっちのほうを採用した。


それはこれまで生きてきた中で
確かな力になってくれたなーと思う。
posted by egri at 00:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: