玄米、黒米販売中です。

2016年09月06日

身体(からだ)のジャマをしないでみる

今日は一日、シャツを裏返しに着てたってことに
夕方になって気がついた (ノ∀`)

ま、犬の散歩で近所歩いただけですけどね



9月に入ってから、アマガサキさんが時折、鳴くので
夏も終わりだなぁ・・なんて(そうか?)
しんみりしないでもない。


R1289452.JPGR1289446.JPG
ブレブレですが、臨場感は伝わりませんか?

アマガサキさん、いつまでいるかなー?




・・・・と、話は変わりますが


*********



「畑で起こることは、すべて正解!」

とは

りょうすけさんが言った言葉ですが

ほんとにそうだなと



そして、それは

身体(カラダ)にも置き換えられるなと

おもいます。




何が起こっていようとも、です。

なんでかわからなくても、です。





キャベツに青虫がいっぱい来てスケルトン野菜になった〜
ナスにびっしりカメムシが付いてる〜
もぐらの穴だらけ〜
イノシシがボコボコにしてった〜
なんでか虫が来ないきれいな野菜ができた〜


↑これ(見えてること)が
見えない土の中(と、日や水や風(気候、地勢)との関係)で起こっていることの、結果。

   この場合、ようは彼ら(虫や動物)の仕事(好きなもの)があるから、そこにいるわけです。

だから、=正解でしかありえない。


それが人間の都合から見て、良いことでも、良くないことでも。



畑から教えてもらったことは
「法則」ですから
体にも応用がきくのです。



ふつうだったら
病院に行くところですが
わたしはそれ(法則)を
私の身体で
確かめたい!

ええ、もう

変態ですね! σ(o'ω'o)



これは好転反応だという、確信があるので

今回ははじめから病院へ行く選択肢は無しでした。

もちろん発作で危なかった経験が2回ありますから
そのへんの見極めはしっかりやります。



様々なアレルギー、皮膚炎、鼻炎、気管支炎、喘息、
そしてこの数年は「匂いがわからない」という・・
これは耳鼻科に通ってましたが改善しないのでそのうち行かなくなりました。

子供の頃からこれらの症状で病院へしょっちゅうかかってました。

そして、ほとんどの場合に処方されたのが

副腎皮質ホルモン、ステロイドです。

喘息で危なかった時はステロイドで命を助けてもらいましたが

ずーっと長いこと薬で抑えられてきて

その先に行けなかった

体のやり残した”仕事”

あるんだろう、という気がするんです。



7月末からの
体中の皮膚の炎症、喘息、そして今は発熱。
10日連続、夜になると、38度の熱が出ました。
昼は下がって、ケロッとしてるんです。
先週のイベント出店の時も、あ〜楽しかった〜って帰ってたら
帰路の途中、体がバキバキしてきて
帰ったら38度5分。

今日は出ない感じがします。
(追記:結局、この夜も熱出ました。37.5℃)

それで、一昨日くらいからですが
匂いが、、、
わかるんです。

今までもほんの一時、匂いが戻るということは
たまにあったし
明日になったら
もうしなくなってるかもしれないから
大騒ぎはしませんが
これで3日連続・・・

静かに
静かに
喜んでいます。(*´∀`*)


R1289468.JPG

だから山椒なんかも使ってみる・・( *^艸^)












posted by egri at 21:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: