玄米、黒米販売中です。

2016年09月17日

薪仕事

今日は薪仕事

夏のあいだ病人だったので (笑)
ちょっとづつリハビリ〜て言ってたら
なんか昨日あたりから
スイッチ入ったひらめき



薪が
太いのと細い(小割り)のがそれぞれ、どれだけ使うのかを
リアルに今日、蘇ってきて(今頃ですけど)
はっ! まだまだ割らねば! しかも小割りね!
とちょっと焦る。


窯のすぐ横が駐車場なので
いろんな人が来る。


いつ焼くとね?

もう焼くとね?

頑張りよるね

無理せんとよ


今日は窯場に来たら
廃材の切ったのがドサッと下ろしてあって
すぐ前のT建設の会長のはからいに決まってるので
お礼を言いに行った。



それから一人で薪を割っていると
近くに住む若いお坊さんが
通りすがりに入ってきて
「すごいですね、ずーっとやってますよね?!」
ちょっと、私にも割らせてもらってもいいですか・・?」

私「どーぞどーぞ」

  ちょうど疲れてた(^_^;)



そしたら
やめられなくなったらしく
割り続けてくれるので
私はチェーンソーでたま切りするほうにまわり
おたがい黙々とやってた。



お坊さんは買い物から帰ってきたその格好(なんかアロハシャツ)のまま
結局2時間くらいは薪割りしてくれた。
しかも割った薪を
私がしていたように
大きさ別に積んでくれて
(何も言ってないのに@o@)
最後汗だくでクタクタになってた (笑)


「ありがとうございました!」
と言うと

「いやー、楽しかったです!
そして薪を割ることより
割った薪を拾ったり運んだりすることのほうが
こんなに大変なんだってわかりました。」


(ToT) 楽しいとこだけでなくそこまでわかってくれるか 

「そう、そうなんですよ!
割るだけなら楽しいのにねー」



母が見に来て
まだ窯焚きを見たことがないお坊さんに
説明してるのがおもしろかった。
あこーぅ焼けてですねー、綺麗かとですよー あれは感動ですよ
(色見本を取り出すときのはなしをしている)




「また焼くけん」


と言ったときは
好きにすればよかたい
ワタシは知らん
と言ってたけど

本当にやりだしたら
なんかちょっと
嬉しそうに見えるぞ (^皿^)









posted by egri at 02:28| Comment(0) | 陶芸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: