玄米、黒米販売中です。

2016年09月17日

薪仕事

今日は薪仕事

夏のあいだ病人だったので (笑)
ちょっとづつリハビリ〜て言ってたら
なんか昨日あたりから
スイッチ入ったひらめき



薪が
太いのと細い(小割り)のがそれぞれ、どれだけ使うのかを
リアルに今日、蘇ってきて(今頃ですけど)
はっ! まだまだ割らねば! しかも小割りね!
とちょっと焦る。


窯のすぐ横が駐車場なので
いろんな人が来る。


いつ焼くとね?

もう焼くとね?

頑張りよるね

無理せんとよ


今日は窯場に来たら
廃材の切ったのがドサッと下ろしてあって
すぐ前のT建設の会長のはからいに決まってるので
お礼を言いに行った。



それから一人で薪を割っていると
近くに住む若いお坊さんが
通りすがりに入ってきて
「すごいですね、ずーっとやってますよね?!」
ちょっと、私にも割らせてもらってもいいですか・・?」

私「どーぞどーぞ」

  ちょうど疲れてた(^_^;)



そしたら
やめられなくなったらしく
割り続けてくれるので
私はチェーンソーでたま切りするほうにまわり
おたがい黙々とやってた。



お坊さんは買い物から帰ってきたその格好(なんかアロハシャツ)のまま
結局2時間くらいは薪割りしてくれた。
しかも割った薪を
私がしていたように
大きさ別に積んでくれて
(何も言ってないのに@o@)
最後汗だくでクタクタになってた (笑)


「ありがとうございました!」
と言うと

「いやー、楽しかったです!
そして薪を割ることより
割った薪を拾ったり運んだりすることのほうが
こんなに大変なんだってわかりました。」


(ToT) 楽しいとこだけでなくそこまでわかってくれるか 

「そう、そうなんですよ!
割るだけなら楽しいのにねー」



母が見に来て
まだ窯焚きを見たことがないお坊さんに
説明してるのがおもしろかった。
あこーぅ焼けてですねー、綺麗かとですよー あれは感動ですよ
(色見本を取り出すときのはなしをしている)




「また焼くけん」


と言ったときは
好きにすればよかたい
ワタシは知らん
と言ってたけど

本当にやりだしたら
なんかちょっと
嬉しそうに見えるぞ (^皿^)









posted by egri at 02:28| Comment(0) | 陶芸

2016年09月12日

いよいよ窯に火が入ります 

昨日、素焼きの窯詰めしました。

たぶん、8年ぶり?

R1289469.JPG



今年の2月に窯場の掃除をして⇒窯場レスキュー

この時の日記にこう書いてる


***********


ものごとは、自分の意思でどうにかこうにか
ことを運ばせよう、、って
一生懸命 頑張ってみたって
運ばないときは運ばないもので

とくにそうなるように計算したり、狙っていたわけでもなく
とんとんとん。って運ぶときもある。

〜中略〜

窯がまた息を吹き返す日が
近いかもしれない。

今日は、今 思い描けるだけの
漠然としたガイドラインをひいてみた。

あとはまたどんな流れになるか
おまかせで
今に気持ち注いでいきやす!


************



ほんとに
今回、力みゼロでここまできました。
他力です。
お任せです。
ありがたいことです。



このタイミングで窯焚くのは
10月のイベントに陶器で出店しない?というお誘いがあったから。
その話があった時点で
間に合うのか日数を計算してみたら
ちょうど間に合う!
余裕ありでもなくギリギリでもなく、ちょいギリギリ



そして出店しようと決めたときは
肉体労働はまったくできないくらい
弱っていたとき。

でも
やれるだけやってみよう、
一番は体に合わせる。
体に無理はしない。
ということを公言して
心強いサポートをいただいています。



そして今
これから動く仕事が増えてくるというタイミングで
咳で夜中に起きることもなくなり
約2週間続いた発熱もなくなり
喘息で細くなっていた肺活量が戻り
食欲も回復!

なんか行けそうです・・・!


素焼き作品を詰めながら
窯詰めの細かい注意点とか
体が思い出してくるのがおもしろかった。
素焼きしながら今度は本焼きシュミレーションだな。



いま、釉薬のレシピを捜索中
いちばん最後の窯焚きで
これがいいなあと思うのができたのに
中身がわからない。

はじめはきちんと表にして記録してる(゚O゚)
けど
だんだんラフになっていって
最後のは裏紙にメモしたまんまで
どっかいったみたい・・(;´∀`)


R1289472.JPG

たくさん試して
良いのができるのは稀なんだけど
でも
いま見ると
これも参考になる。



posted by egri at 23:16| Comment(0) | 陶芸

2016年02月22日

窯場レスキュー!

ものごとは、自分の意思でどうにかこうにか
ことを運ばせよう、、って
一生懸命 頑張ってみたって
運ばないときは運ばないもので

とくにそうなるように計算したり、狙っていたわけでもなく
とんとんとん。って運ぶときもある。



ここ一ヶ月くらい
ふしぎに、物がたて続けに壊れたり
予定してたことの行く手を阻まれたり
交通違反で罰金払ったり (笑
そういうことが続いていたので
そういう時期なのだろうと
なるべく頭を低くして
時期が過ぎるのを待っておりました。



今日は、ぱぁーーーーー!と晴れて
力強い助っ人が来てくれました!!

使わなくなってもう長い時間が経ってしまった
荒れ果てた窯場を、、、


R1288582.JPG



R1288585.JPG




R1288583.JPG



R1288586.JPG

一人では太刀打ちできないくらい
風化の波に流されていた窯場が
三人で5倍くらいのパワーで
きれいになりました!


窯がまた息を吹き返す日が
近いかもしれない。

今日は、今 思い描けるだけの
漠然としたガイドラインをひいてみた。

あとはまたどんな流れになるか
おまかせで
今に気持ち注いでいきやす!


かっこいい心強い

なのです。

R1288588.JPG

ありがとう!!!





posted by egri at 01:31| Comment(0) | 陶芸