2016年06月12日

虫の目から世界って

今はもうすっかり大人になった甥っ子が5歳くらいの頃

セミの抜け殻を拾って遊んでたんだけど

抜け殻の割れ目を覗き込んで
セミの体の内側から、外の世界を透かして見る、というおもしろいことをしていた。

「ねーねー、セミの目だよ!」
「うわぁ〜、セミの目はこんな見えるんだぁ〜  (*´∀`*)」


(((かわいいやつめ・・・!)))




そういえばその感覚、なんかわかる

自分以外の、動物とか虫とかって
どんなふうに世界が見えてるんだろう・・?
って私も子供のころ思ってた。

そんなこと考えてたら
自分以外の目の見え方をほんとうには知ることはできなくって
じゃあ、私が見てるのと
ほかの人が見てるのは
ほんとうに同じなんだろうか ???

もし違ってるとしても
どんなふうに違ってるかなんて
確かめようがないじゃないか・・!( °Д°)

だってぜったい他の人の目の内側から外を
私は見れない!

ほんとうにそれ(見てる対象)はそれなんだろうか???

って
あたりまえにあったはずの世界が
急に
あやふやになったことがあったな。。



いまはその感覚は薄れてしまったけど。


きっと誰でもこんなこと疑問に思ったことがあるんじゃないかな・・
忘れてるだけで




こどものほうが
思い込み歴が短いからかもね。




てなことを
おもいだした。
昨日行った展示会で。

R1289115.JPG


biula (彫金アクセサリー)BAHATY(洋服)の展示会は
佐々「山花嶺」にて今日まで

(虫はマニアックコーナー?だけでほんとはお洒落なアクセサリーがたくさん並んでます。
でもいつも作家のやすお君と虫話で盛り上がる) 
posted by egri at 07:05| Comment(0) | 日記

2016年06月05日

言葉のことなど


田植え終わったどーーーヽ(*´∀`)ノ

R1289026.JPG
(5/31)


まだ補植が残っていますが
みなさんに助けられて
順調順調♪



昨日から梅雨入りらしいです。
しとしと雨で
久しぶりに5匹揃って、居るねー。

R1289044.JPG

R1289053.JPG





先週末から
ほたる祭りに行ったり
お友達が遊びに来たり
上映会に行ったり
久しぶりのマッサージの依頼もあったり

たくさん人に会って
賑やかな一週間でした。







ブログ読んでるよー とか、おもしろい とか
声をかけてくれる人がいて
今までよりいろいろと突っ込んだ話ができたりして
嬉しかった(´∀`*)

(内心、引かれてるかも・・なんてちょっぴり不安だったので)


こちらが開いたら
まわりも開いて
なんだか楽しい。




ブログって自分のペースで言葉を選んで当てはめていく作業なので(私は)
会話での言葉がふだん思うように出てこない(遅い)私には合っているのかも。

私はいっつも、「コレが伝えたい!」という想いが強いときほど
ちゃんと伝わってるかがわからなくて
まわりくどくなってしまい
いよいよ本題ってところで時間がきたり、話題が変わったり、、、

あぁ・・ ぜんぜん言えてないまま終わっちゃった・・ _| ̄|○

ということが、よく ある。






伝えたいことはいつも
ひとつの方向を指している。



誰かが発して
私がピンときて受け止める言葉(表現)も
同じひとつの方向を指している。



言葉は道具だ。


言葉自体に力があるわけじゃなく

言葉を発した特定の人自体がすごいわけじゃなく。


(「これ」 という指してる先が
明らかになるほどに
指している存在、ガ、「自我」は薄くなる。のだと思う。)



自我は言葉(カタチ、概念)を自分のものにして、
そこに込められた中身のほうも自分のものにできると思っている。


でもほんとうは、じぶんのものにできるものなんて
なにもない。






そして言葉は断定的、固定的
ある地点から見たら正しく見えて
また違う地点から見たら間違って見えたりする。

(だからこのブログも、ピンとこなかったらスルーしてくださいねー)


どこから見ても絶対正しいという言葉なんてない。


だから言葉は
投げたら、忘れるくらいがいい。
受け取って、味わったら、忘れるくらいでいい。



じぶんが発した言葉に責任を持たない
と言ったら語弊があるか。
つまり

出したものであれ、受けたものであれ
言葉に縛られずにいたい。っておもう。





生きていくのって
生活だ。

どうしたってこの体は重い。
時間がない世界って
無の境地なんて
解りたいけど
解らないさ〜(*´∀`*)

だって
「私」が「解る」のは不可能なこと。「私」を持ったままでは。




この世に生まれてきたんだから
この世の雑多なことも
あーだこーだ悩みながらも
深刻にならずにやっていくのだ(^皿^)

いろいろあるけど

楽しくないことも あっていい
ずるくても いい  (今、私事で、周りに対して良いことが自分に対してはずるいことがあって、でも今のところどうしていいかわからないので答えは急がないでいいやということにしました)
いつも笑顔じゃなくていい
なんでも いい。


言葉に縛られずに
何でもアリで


じぶんが自分を解ってあげてたら
それでいいとよ。


posted by egri at 14:19| Comment(0) | 日記

2016年05月31日

無条件幸福✩


昔から思ってたことがある



誰でもみんな、好きなことをして生きていける。

むしろ

みんなが好きなことだけしてれば世の中うまく回る。

宇宙はそういうふうにできているはずだ、と。


昔から内心そう思ってた。
それを証明したくて
好きなことしてようって思ってたけど

好きなことしてるつもりが
いつのまにか
自分の目じゃなくて他人の目になっちゃって
私がどう感じてるかをおざなりにしてしまって
私の”好き”の純度が落ちてた。


うつわ屋の店主が言った言葉

響いてくるんだな



私の本当に好きなほう、行きたいほう
できる限りそれを優先させるように
そのことだけはがんばっていいと思う。
それは楽しくてがんばりを要しないのかもしれないが。




それでもって

世間的にダメでも
私は私を許す!

条件抜きで
「それでいーのです!」
って言ってやる。




それでも
不安は出てくるのです。
昨日、家族から
心配からの意見をもらいまして
99.9%の人はそう言うとおもう、正論をいただきまして。。
世間的にはあたりまえだと
当然だと
思います。

心配ばかりかけてきた歴史も長いですし。。

わたしの将来を案じてのことというのも
わかるので・・・


わかるけれども
そうじゃない世界があるんだと
私が体現するのみ
・・だけど
やっぱりわたしダメダメや〜〜〜ん(T_T)と

ちょっと
ショボーン・・としてしまったのですが




うんにゃ!

それだからこそ
この”実験”を中途半端にやるわけにはいかないと
思ったのです。




深刻さなんて
いらんのです。




私が「今、どうあるか」


そこだけにしか
働きかけられないのです。



存在しない”妄想の未来”に
今を明け渡すわけにはいかんのです。


今、現れていることは
「結果」なんで

結果をいじっても
対処療法であり
結果に対処し続ける限り
今を逃し続ける。



誰かに評価してもらうための人生ではない。
(そもそもそんなものはないのです。
あらわれては消えていく、なにか。にすぎない。)


誰かが何か言っても
(誰かが死んだらいつも人はいろいろ言うものだ。
幸せだったねとか、かわいそうだったとか。。)
それはただその誰かの投影に過ぎない。





今の私がどんなでも
OK!
ということにしといてさ、

不足や不安からの行動じゃなく

楽しい
好き
からの
行動を選ぶ。



**********

と、この記事、一昨日書いて
UPしようかどうしようかとちょっと寝かせといたんですけど
やっぱりUPします。


今朝の田んぼと裏山。
パノラマにしてみた。

朝靄に新緑が光ってました。
蛍もだんだん増えてきました。(*´∀`*)

R1289015 パノラマ写真.jpg







posted by egri at 00:33| Comment(0) | 日記

2016年05月28日

下のレイヤーの私。


いっこ前の日記で
”私の住んでる世界がガラッと変わった”
と、書きましたが

正確にいいますと
世界が変わったように感じるけど
変わったのではなくて

世界(見える世界も見えない世界も)は
いくつもの
レイヤー(層)が重なってて(私はそんな感じがする)

その下のほうのレイヤーに気がついた。
思い出した。

とでも言いますか。




昔、機械製図の仕事をしてたんですが
ひとつの製品を造るための図面が
複数のレイヤーで分かれているんです。

造ってるものはエスカレーターだったんですけど
基本的な構造(骨組み)の図面
駆動部とそれに連動する動くところの図面
表面的なデザインに関する図面
あと電気系統の図面
(ずいぶん昔ですけど確かこんな感じだったと^^;;)

はじめに構造の図面があって
駆動部がきて、と
上に行くほど表面に近くなる図面が
何枚も重なって、
ひとつの製品の図ができる。




海に例えてもいいです。

重なってるレイヤーの上の層は
海で言えば、表面の波。

下のレイヤーは海の底。



海の表面が
さざ波が立っていようと
大波が荒れていようと
影響を受けない
静かな海の底。





で、はなし戻すと
私が変わったんでなくて

自分をさざ波のひとつと思い込んで
アップアップしてた私が

海の底に気がついた。





情報としては聞いてたけど
それでもほんとうには実感がなかった。

海の底と
このさざ波が
繋がってるっていう実感が。
なかった。




それがなんでかわかりませんが


あ   (∵)

大丈夫 だ  (∵)




という
信頼ともいえる感覚と
ともにいられる。



もちろん、しょっちゅう波として
あたふたもするんですが
海の底の静けさに戻れることを知っている。

そんな感じです。








眠くなったので

寝ます。



またあした!(・・かどうかはわかんないけど(・∀・)



(=-ω-)zzZZ乙乙
posted by egri at 01:08| Comment(0) | 日記

2016年05月25日

問題が問題でない

昨日

R1288999.JPG


元ダンナのノブくんが
雨のなか
代掻きをやってくれた。



苗は
そろそろ水をやろうかなと思ってたところの雨だったので
シートはそのまま剥がしました。
これからは水やりこまめに注意しないとね。


R1289001.JPG


R1289003.JPG


なんかきれいじゃない ? (((o(*゚▽゚*)o)))




***************



ほんの一年前からすると
私の住んでる世界がガラッと変わった。
とくにこの2ヶ月くらいで決定的に変わった。

この2ヶ月・・・お金がスッカラカンになって、自分のやりたいことなんだったっけ?って トコトンなんもしないで向き合って、アルバイトでまたできない自分と向き合って・・


”こうあるべき”という観念からではなく
腹の底から
私の中の”常識”がひっくりかえってきている。



言いかた換えれば
ずっとずっと昔から「きっとそうだよな」と思ってたことが
ここ最近で

⌒トン⌒トン⌒トンッ って

飛び石を渡るように腑に落ちてって
確信に変わってきた。


それに加えて、この2ヶ月間、ピンときた本を貪るように読みあさって
目からウロコ現象もあったり(*´∀`*)



私は非常識極まりないのかもしれません。世間的には。
けど

いま、

シンプルで

問題がない。




もし

問題があるように見えたとしたら
それは
自分の外ではなくて
内にある”こだわり”に気付く”機会”が与えられてるってこと。


だから
問題が
問題でない。



なんというか・・


天国だ。


ありがとうだ。






状況は
変わってないのですよ。


はた目には。



だけど


ここが変わったら
とうぜん
見えてる結果(現実)も
変わってくるんだろうな。。
って思ってます。



言葉に変換するのは難しいけど
ちょっとずつシェアしていけたらいいな。


だって”これ”は
”みんなにある、同じもの”だと
おもってるから。


いっしょに


あぁ
よかった(*´∀`*)


って
言ってみたいから。
















posted by egri at 00:28| Comment(0) | 日記