2016年05月16日

宿題

昨夜からの雨でなんだか寒いなー
雨が続くと、5ニャンズのうちのどれかが
癖の悪いのがいて、
猫クッションの上とかにおしっこする奴がいる。。。
猫トイレもいちおう置いているのに。。。

朝から「だれよ?!もう!でてけーーー!」怒

蜘蛛の子を散らすようにニャン達はどこかへ。。(4匹はとばっちりです。)



今日もみんな元気でよかった。




雨だし
こないだ届いた粘土をいよいよ開封しようかと思う!(*´∀`*)




何年前か忘れたが
陶芸休止に入る少し前、もう8年くらい前?
東京の有名な器屋さんに持ち込んで見てもらったことがある。

いま思い出しても
ひゃあ〜〜〜よく行ったなぁ〜
と冷や汗が出そうだ。

知る人ぞ知る、目利きのなかの目利き
雑誌でその店が出る度にいつもいいなぁ。。って憧れてて
初めて行ったのがいきなりの持ち込み。

お店の中には古いもの新しいもの、国もさまざま
高価なもの、廃材の中から拾ってきたようなもの・・・
いろんなモノが混在していたけれど
ひとりの人間の、妥協しない審美眼を通して
すくいあげられたモノたちが
ひとつの世界を創りだしていた。



そんな空間で
ゴロゴロ引いてきた荷物を開け
おそるおそる作品を見てもらった。



黙って全部手に取って見たあと
店主は言った。


「あなたはこの器を どういう空間で、どんな料理を盛りたいのですか?」

「これをどんな風に使いたいか、あなた自身が、
細かいところまで詳しくイメージできてますか?」

(たとえば○○な朝に○○な部屋で○○した○○をこれで食べたい!というふうに)



私は答えられなかったんです。

「これはフリーカップでコーヒーを飲むことも、そば猪口として使うこともできるように・・・」

と私が言いかけてると
それを遮って

「これでコーヒーを飲むのかそばを食べるかとか、そんなことは買った人が勝手にすればいい。
そうじゃなくて、あなたは これをどうおもって作ったのかってことです。」


なんか、そのようなことを言われて

なんにも出てこなかったのが ショックだった。



店を出てからも

しばらく


ボーーーーーって歩いて


すごく大事なことが抜け落ちてたなーーーーー


って




あの宿題?はいまでも私の中にある。



痛恥ずかしい思い出ですが
よくぞ行ったとおもう。



いまでもその店はやっぱり同じ場所にどっしりとあった。
お店のHP見て、また
ひゃぁ〜あせあせ(飛び散る汗)
ってなった朝でした。

posted by egri at 15:11| Comment(0) | ねんど

2016年05月15日

素直にありがとうと言えるひとになりますー。

前者後者のこと知って
私は後者だったとわかって
すごく楽になったんですけど

これって
心屋さんも書かれてますが
前者/後者と分類することが目的じゃなくて
あの人この人、生まれつき違うのね、と知る
ことで
よけいな劣等感もったり
なんでできないの!とイライラしたり
なんでわかってくれないの?と悲しくなったり
無駄に消耗したり
そんなんでお互いすりへらして
こじらせちゃうのを
もうやめて
みんなそれぞれの特性を活かして
好きなことして楽しくいきましょうよ
っていうことなんですよね。




私のことで言えば
たぶん20代くらいまでは
そのまま後者でやってたような気がする。
(基本こんな自分でスミマセンていう気持ちはずーっとついてまわってたけど。)


結婚して
もう、ひとり気ままにしていられないんだって思ってから
ちゃんとしなきゃ〜って
前者のフリをしだした。
(どうやったって時々はみ出てるんだけどね)

できないっていうことができなくて
できないくせにできますって顔して
内心しんどかった。


ぜんぜん特性じゃないのに
「私がしっかりしなきゃ!」「私が頑張らなきゃ!」と。

本来の私を無視して
私自身にも相手にも「こうであるべき」というのを押し付けていたなー・・・
だからいつも自分を責めたり相手を責めたり忙しかったなー


しかも、根底にいつもダメな自分がいるもんだから
頑張ってますみたいな。


とにかく自分じゃないものになろうとしてたな。




ずっと
じぶんのことがダメだって思ってたから
人に頼るのも下手で
変に気を使いすぎたり
助けられるのも
申し訳けなさすぎて
ごめんなさいごめんなさいで
助けてもらっても恐縮して
いいのかな大丈夫なのかな迷惑かけてないかなって
ヒヤヒヤしたものだ
(今でもまだまだするけどさ)
ああ、めんどくさい人間だわ。笑




これからは
誰かに助けてもらったら
ありがとう♡って
気持ちよく
すなおに受け取れるように
なります。






posted by egri at 14:51| Comment(0) | 日記

いいはなし

先週の話

お米の種まきを教えてもらおうと
近所のMさんちにお手伝いにいったら
たいした手伝いにもなってないのにも関わらず
親切に教えてもらった上に
既にヒゲがとってある種籾をどさっと分けてくれた。ハートたち(複数ハート)ぴかぴか(新しい)

   ※籾には先っちょに長いヒゲみたいなのが伸びていて
     そのままでは播きにくく
     これを取るためには専用の機械にとおさないといけない。
     家庭用餅つき機で代用できる。





次の日
べつの家に届け物をしに行って戻るとき
その家の出口で思いっきり脱輪してしまった。

アホやー(T_T) これから仕事なのに・・・




そこの家は留守。
Mさんちから機械の音が聞こえる。
助けを求めに走った。



機械の音は生コン車で
Mさん夫妻は汗だくで庭にセメントを敷いているところだった。
生コン車からどんどんセメント出てきてるし!
   しかしなんでもやるなー!かっこいい!!

あー・・・今は無理だなー(´д`)


よし、早く終わるように手伝おー! と思って
また走って家まで道具を取りに行き
戻ってきていたら(近所が遠いんで車ないといちいち大変〜)

なんと奥さんのほうがご家族(おムコさん)連れて
脱輪現場に駆けつけてくれた。
(セメント作業は旦那さんひとりにまかせ(T_T))


しばらくあーだこーだやってみるが
けっこう派手に落っこちてるのでらちがあかない。



奥さんは今度は同じ地区内のKさんに電話した。

「Kさんがこういうの得意だから!」

Kさんがジャッキとか積んですぐに駆けつけてくれた。

そうしてるうちに留守のそこの家の兄になる人が偶然やってきた。





Kさんは手際よく落ちたタイヤの周りにブロックを敷き
ロープで牽引の準備をして
私は自分の車に乗りアクセル踏み
みんなが押して
Kさんが車で引っ張って
無事脱出成功!!


あーーー
みなさんありがとうございます(T_T)ハートたち(複数ハート)ぴかぴか(新しい)





そして無事に種籾まきも済ませ
地球屋ケンタローくんが今年から田んぼやるというので
余った種籾を分けようかと連絡したら
お礼にと
林さんちの放牧豚ぴかぴか(新しい)
今買ってきた帰りという
またおいしいタイミングで
庭で豪快に切り分けてくれた。ハートたち(複数ハート)ぴかぴか(新しい)





わらしべ長者か・・!




そして昨日
アイスが食べたくなって寄ったジェラート屋さんに
今井さんの、平戸の塩「海の子」がメニューになってた!ので
注文しようとしたら売り切れ。(T_T)
隅っこに残ってるやつ
喉から手が出るほど食べたい・・・とおもいつつ
うみのこ・‥と言いながら
いちごを頼んだら


お店のお姉さんがニッコリ
「海の子つけときましたよ♪」
なんとチビコーンに入った海の子をいちごの上に乗っけてくれたー!ハートたち(複数ハート)ぴかぴか(新しい)



はいもう
こんないいことあったらキラキラとラブラブをいっぱいつけちゃいますよ!


ありがとうございまするm(_ _)m
朋子はしあわせものでございます。ハートたち(複数ハート)ぴかぴか(新しい)




皆様も素敵な日曜日になることでしょう・・・!!!
posted by egri at 09:41| Comment(0) | 日記

2016年05月13日

私がつくりあげていた問題(原因)が成仏したら、現実は 変わったかって?っていうはなし。

ものごとは、いつも
ただ起こっているだけなんだけど
そこにいろんな思いがわくのは
”私”だけのフィルターをとおして見てるから。

だから同じことが起こっても
人それぞれに反応が違う。


そのフィルターって
記憶だったり思い込みだったり
というか
記憶と思い込みが、=私。


らしいよ。(・┰・)






おこられて
過剰にビクビクしてる自分に気がついたとき

おこってる相手にじゃなくて
ビクビクしてる自分に、この反応ってどこからくるんだ?って探してみたとき

無視してた未消化の感情が出てきた。

出てきて
感じきったら
水が蒸発するみたいにお空に・・・


成仏された 。。。(*´∀`)ノ" ~~







えっ 

てことは、、、



どうなるのかな〜?
自分の中の問題解決しちゃったら

現実どうなるんだろ?



なんか変わるのかな〜
変わんないのかな〜



((o(´∀`)o))ワクワク








次の日。。。






今日はヒマそうだな〜って思ってたら


店長、「ネズミが入ってきて困る。
   ネズミの通り道になってる穴をどうにかして塞いで。
   ダンボールやビニールはかじられるから
   木でなんかやって。速くね。」


突然
こんなお題をもらって(得意分野)

おやすい御用でぃとばかり
物置にあった材木の切れっ端を使って
隙間にぴったり合うように
鋸で切ったり、貼ったりしていた。



すると、、、



作業してる傍に来て
じーっと見て

「へ〜、うまいもんだねぇ〜。。。」(耳を疑うほどの、穏やかな口調・・!)

って言って戻っていった。




そのあと
例の辞めたいですって言った件について話した。




店長: あなたの良いところ、見つけました。文章力、すごいです。
    嫁さんもびっくりしてました。昨日の店の宣伝(ブログ)もすごくよかったし
    あなたが説明を書いたメニューがよく出るようになった。
    そういう(ねずみの穴ふさぎ)作業も、僕なんかできないよ、そんなの。
    そういう良いところあるんだから、他のこともできないと決め付けないで
    なんとかできるように、カバーできないかね。

・・・いつもの威圧的な感じがない。。

    あの前者後者っていうのはなに、そういうこと他の心理学者も言ってんの?
    あの心屋なんとかってのが勝手に言ってるだけなんじゃないの?
    決めつけじゃないの?
    あなたのできないと言ってるところ、
    決め付けないで何とかしてできるようにならんのか?





私: 私はチームプレーが難しいです。
   ”阿吽の呼吸”でわかるってことがないです。
   みんなより何秒か長くかかります。
   忙しい時とか店長またイライラすると思います。



店長: じゃあ、どんな仕事ならできるの(やってたの)?


私: 例えば、この仕事お願いと渡されて
   それを自分のデスクでひとりで集中してやる仕事。
   製図とかそういうの昔やってました。

   ここはチームプレーで、しかも「速さ」が大事です。
    店長が求めるレベルには、なれるとは思えません。
    面接の時にできると言ってしまったことは申し訳ないです。
    人手が足りるようになったら辞めたいという気持ちは変わりません。




結局、平日の暇なときもバイトは要るので
平日に来てほしい。
週末の忙しい時には来なくていい。
と、
現時点でお互いにとってのいいところで
とりあえずは
こんな感じでやってみるかってことになった。





しかし、、、、


びっくりした。








変わったよ・・


しかも


こんなにスグ!!




びっくりしたな もう!


(*゚◇゚*)

posted by egri at 00:52| Comment(0) | 日記

2016年05月12日

置いてきた私を見つけた。

思ってることぜーんぶ言い
「ここに私が言ったことわかりやすく書いてあるので」と
例の前者後者の記事も読んでもらい、の、

バイトその後・・・
私に伝わるように言い方とか考えてもらってるのはわかるんですが・・・
「頑張れば人並みにできるようになる!頑張れ!」というのをひしひしと感じる。。。

( ̄0 ̄)。。。((あれ?ちゃんと読んでくれたのかな・・?))



でもまあ、いいや
「新しいアルバイトが入ってそれでもやめたいと思うんだったらやめればいいし
気が変わって続けたかったらいればいい。」
と言ってもらったので、それで十分だと。



忙しい日が少なかったせいか
わりと平和(わたし的に)な期間を経て
ゴールデンウィークに突入。。。



お店は盛況で厨房はてんわやんわ
負のスパイラルディ再び!
新しいデキるアルバイトさーーーん!はやく来てーーー(´;ω;`)



・・・・



でもね
問題は外にはないわけよ
法則的にそうなわけよ
あいてが私にイラーッときて
私がイラーッとさせてるんです
共同作業なんですよ。


そこではじめて思った
なんだろう?
イラッとされて
ビクゥッて過剰に反応してる(それが更にイラッとさせる)
この”反応”はどこから来るんだろうって
内側に向かってみた。



私が反応してるのは
見張られて(と私が思ってるだけだと思う)「ほらほらほら!ちがうむかっ(怒り)」っていう時。
あれ?!なんだっけ、知ってる。この感じは・・・






ぽん



と、出てきた。



5年生のとき



担任の先生は、私を「矯正」しようと躍起になっていた。
広いグラウンド、みんなで輪になって曲に合わせてボール体操
遠くから先生が見ている。私だけ動きが違うらしい。
私の名を叫びながら走ってくる。
ちがーーーーう!!!!
何度言ったらわかるんだー!!(私が合わせられないため同じところエンドレス)



右向け右。私だけ頭の角度が揃ってないらしい。
ちがーーーう!!!こう!(グイッと私の頭を持って右に向ける)
それでもまだ合わない
何度言ったらわかるんだ!こう!こう!(頬をバチバチ叩く)





・・・このくらいしか覚えていない。

私はこの時期の記憶があまりない。


この時期、感情のスイッチを切ることを覚えた。


どんなに気をつけてやっても怒られる。
やってもやっても怒られる。
なんでできないかわからないから
お手上げで
とにかく怒りの嵐が過ぎ去るのを待つしかなくて
スイッチを切って何も感じなくした。
だから泣かなかった。





大人になって病院の待合室でこの時の先生とばったり会った。
心臓がドキンッとなって
目は合ったままなのに固くなって
言葉が出なかった。
結局、挨拶も交わさず、すれ違った。
忘れてたのに、体が先に反応してびっくりした。





いま思えば
親にも誰にも何も言わなかったし
ほんとうは辛かったんだなーって思ったら
涙が
ぶわっと出た。



号泣。。。




すごくリアルにあの時の感情がいっぱい出てきた。




びっくりした。





5年生のわたしの感情を思いっきり感じきって


もう大丈夫だよ〜と抱きしめた。





ひとしきり泣いたら、すっきりしたのですよ。




それはもう!









まだまだ続く。。。



posted by egri at 03:10| Comment(0) | 日記