2014年09月19日

9月の畑

9月に入って気持ちの良い晴天が続きました。
犬たちも毎日、畑へ皆勤賞です。

今日は久しぶりの恵みの雨です。

R1287363.JPG


8月に思いきりのびのびできなかった夏野菜たちが
今ごろ元気です。


竹チップを試した畝では、オクラが、やっとですが、一週間ほど前から私の背丈を抜いて伸びています。
私のミスなんですけど、株間をえらく狭く植えてしまいました。なのでちょっと窮屈そう。。

R1287373.JPG

R1287371.JPG


ミニトマトは去年、大雨の時にはほとんど割れてしまった記憶があるんですが
今年、深溝の効果か、あの長雨でもほとんど割れませんでした。

R1287379.JPG


あと、エンサイやピーマンやナスを植えた畝にはイノシシ先生がダメ出しをしまくって
雨の後だったのでねちゃねちゃになって、その後カッチカチに固まってしまい。。
それでもエンサイは復活して生い茂ってます。

R1287374.JPG

カチカチになって畝と溝もぐちゃぐちゃになったところは
種まきが終わって、冬の仕事にします。


そして今いちばん元気なのは・・・
土手の菊芋さんたちです。

R1287383.JPG

R1287387.JPG
↑アゲハチョウ(左奥のほう)やタテハチョウ(手前の)や、いろんな虫が蜜を吸いに来ています。

BIG FAMILYから種イモをわけてもらって植えたのですが、
「畝に植えたら大変なことになるけん、土手がよかよ。」と言われていたのですが
土手の上の方に植えたら、うわーっと伸びて、畝まで張り出してきた。。
今度はもっと下のほうに植えよう。
とはいえ、菊芋、楽しみだ(*^_^*)

今はいちばん下の広い畑に冬野菜の種蒔き中です。
斜面にたいして横にあった畝を、縦にしています。

山は朝晩寒くなってきました。
猫たちはよく知ってるもので、夜になって、いないなーと思ったら
暖かくなった風呂のふたの上でぬくぬくしとらした。

R1287400.JPG
↑こんなに大きくなってるのに、まだお乳を飲んでる。。
おかげでぜんぜん気が付かなかったのですが、母猫のお腹には、なんと次のお子が・・!





posted by egri at 16:20| Comment(0) | 畑のこと

2014年09月07日

田んぼ近況

ながいながい雨期が、やっと終わりました。(よね・・? 今度こそ。)
お米も日照不足と長雨で、今年はイモチ病が多いらしいです。
「イモチ病に注意!農薬散布をしてください」のチラシがJAなどから3回くらいまわってきました。
まあ、ウチはなにもすることはないのですが。。

ノブ社長は毎日、カニとの攻防があったようです。
田んぼの淵に、カニが穴を開けて、水が漏れるのを
塞いでは開けられ、塞いでは開けられ・・・
「カニのヤローむかっ(怒り)」と毒づきながら田んぼから帰ってきてました。

いつも田んぼは社長にまかせっきりで、昨日は久しぶりに見てきました。
田んぼ近況です。


↓今年から借りている田んぼ。 
↓緑米。
まだ穂は出ていません。が、あきらかに間違いのヒノヒカリ(穂が出てるやつ)が、3本ほど混じってる・・
R1287361.JPG


↓カオリ米 デカいです。
R1287360.JPG

カオリ米の左はヒノヒカリ。
R1287358.JPG

↓カオリ米も花が咲きはじめました。
R1287357.JPG



↓今年2年目の田んぼ ヒノヒカリ。
花はほとんど終わって、お米になりつつあります。
R1287354.JPG

R1287345.JPG

R1287347.JPG


↓ところどころ茶色くなってるのがイモチ病?
R1287351.JPG



↓ここも、あきらかに間違ってるよね・・・
ヒノヒカリの中に、緑米・・・ダッシュ(走り出すさま)
R1287352.JPG




↓ここは3年目の田んぼ。
黒米の花。
R1287335.JPG

↓濃い緑が、黒米。手前はヒノヒカリ。
R1287337.JPG




↓今年から深水でやりました。
藻のサヤミドリが増えました。メダカも泳いでいます。
R1287339.JPG



↓2年目田んぼ ぐるりに植えた里芋が大きくなりました。
R1287321.JPG




田んぼの隣りの畑には、里芋と生姜を植えています。

今年は雨が多かったためか、とても大きくなりました。
葉っぱだけでなく、芋のほうも大きくなってるといいな〜
R1287326.JPG


生姜もできてるかな〜?
R1287332.JPG


里芋の葉っぱ。アートですな〜
R1287330.JPG



彼岸花が、もうスタンバっていました。
人間は長雨だ、冷夏だって言うけれど
自然はちゃんと、知ってるのですねー。
R1287348.JPG





posted by egri at 22:51| Comment(0) | 田んぼ

2014年08月27日

「嶽水道」 これがほんとの水の路! 

先日の日記のタイトルに何気なく水の路って書いてたら、
今日はほんまもんの、筋金入りの、「水の路」を見てきました。
BIG FAMILYの娘ちゃんが通う、小学校の催しに潜り込ませてもらいました。^^;

私達が住む山の麓にある鮒越(フナゴエ)地区一帯の、農業用水を賄う水路「嶽水道」(たけすいどう)

四百年近く昔の、鹿島のお殿様鍋島直朝が、造らせたものだそうです。

なんの予備知識もなく行ったのですが、、
とにかくびっくりでした!

浜川という川の上流から始まって、山の中をくねくね、5km以上かけて
鮒越(ふなごえ)という集落まで引っ張っています。
その水路に沿って歩いてきました。
マイナスイオンたっぷり〜な感じで
山の中を蛇行する水路は幻想的でもあり
写真を撮りまくり。
絞れないので、歩いてるつもりでご覧ください〜

奥山地区、浜川の上流
R1287133.JPG


堰の奥に、藪で見えませんが、分水している始点があります。
始点は、標高190m
R1287128.JPG


川の右岸に渡り、水路へ。
(上流から下流を向いて、右が「右岸」だと、今日教えてもらいました。)
さあ、スタートだ〜!

R1287137.JPG


水路は山の中へ・・
R1287141.JPG

R1287144.JPG

R1287154.JPG


水路を支えてる石積み・・こんな山の中に・・
R1287172.JPG

昔はすべて石を積んで造ったそうですが
今はコンクリートになってます。
昔の人もすごいけど、改修工事をした今の人もすごいと思う。
だって、車が近づける道路なんてどこにもないのです。
いったいどうやってここまで重い資材を運んだのだろう・・?



途中、水路の下を、川が通る。

R1287178.JPG


まだこんなに高い。
R1287186.JPG


けっこう流れが早い。
R1287194.JPG


青緑にひかる、きれいな植物群。
苔かと思ったけど、シダのなかまかな?
R1287203.JPG


R1287219.JPG

※追記
後で庭師の友人が教えてくれました。クラマゴケというそうです。
きれいな水があって水が滴るようなところに生えるそうです。
調べてみると、その中でも、コンテリクラマゴケ(紺照鞍馬苔)というやつみたいです。
苔と名が付きますがシダのなかまで、やはり青く光ってる、といろんなところで書いてありました。



R1287226.JPG


けっこうスリリングな道行きです。
R1287232.JPG



お、田んぼだ。
R1287243.JPG


広くなった。
ここはゴミを集めて、取るところ。
ゴミが外側に流れて、
R1287249.JPG


この柵で引っかかるしくみ。
シンプル!
R1287250.JPG


R1287251.JPG

分水地点(いちおうここがゴール、ここまでが5キロといくらか?だった)
ここで、どちらにどのくらい流すか、水量を調節するそうです。

R1287252.JPG


わかれた一本から、また分かれます。
見えにくいけど、左に直角に、細いのが出てます。
R1287254.JPG



ひらけてきた。


おお、、、
R1287255.JPG


おおお、、、!!
R1287256.JPG


なんか、すごいです、この景色。
R1287258.JPG


ここも
R1287260.JPG


ここも!
R1287261.JPG


あの、山の中をくねくね、くねくね、ずーーーっと引っ張ってきた、
一本の水路がなければ、この景色もなかったのです。

いつも見慣れてる田んぼも、
水路と一緒に歩いてきたら、
「すごーい!すごーい!」と連発してしまいました。

水路はあちこちで分岐して
人の暮らしの中にも、いろんな形で通っていきます。

R1287262.JPG

R1287263.JPG

R1287264.JPG


この地区の棚田を見たことがある人なら
この田んぼ全部の水をまかなってるのが
あの、一本の嶽水道だと知ったら、びっくりすると思います。
見てきた私だって、いまだに信じがたい。
二つある大きな堤も、この水を溜めてるらしい。。

で、この地区だけでなく、分水した水路は
もっと下の、浜地区まで伸びているそうです。

大雨の後には地区の人が必ず山まで見に行って
倒木や土砂が水路を塞いでないか点検するそうです。

造られてから四百年近く、一度も水が止まったことがないそう。
・・・
すごすぎる・・。

なんの動力も使わず、
水は高いところから低いところへ流れる、という
自然の法則を利用して
こんなに長い時間が経っても
たくさんの人の役に立ってる、、、
これぞ、ほんとうの公共事業だ。


R1287265.JPG

posted by egri at 01:02| Comment(1) | 暮らし

2014年08月24日

水の路

雨、雨、雨〜 の8月も残すところあと一週間。

秋の種蒔きに向けての、段々畑 土壌環境改善
・・・間にあうのか・・っ?!
これだけ降ると、土よりも水との付き合いになってきます。
今までは溝がなかったので
(段々畑は水捌けが良い、と思い込んでいた)
水がどういう経路を辿っているか、意識してませんでした。





雨が続いた後の晴れ間(の夜)には
必ず、どこかでイノシシ先生が暴れてくださいます。


DSC_1306.jpg

↑はい、ここは例の不動のエリア。
ミミズにモグラに大きい生き物いっぱいのところ。
いつも湿ってて、微生物は少ない雰囲気。

土手と平行に掘った深溝のところですが、やはり溝の向きは大事だなと、思い知らされました。
真下に水が抜ける(雨が降っても溜まらない)くらいの深溝、と思って130〜150cm掘りましたが、
溝の端っこは下方(外)に出した方がよいようです。
(ここは、いちばん上が車が通れる道になっていて、雨が降ると道からの水がたくさん流れ込んできます。平地だとまた違うのかもしれません。)

もう何度も暴れられて、どこが溝だったかわからくなってます。
要改良。


そして2段目も。。
ここは、これから白菜とかキャベツを植えようかとしてたところ。

DSC_1309.jpg

杭を打って、土留めをして
溝を切りたいけど、秋の作付けまで時間がないから高めの畝にしておこうかな・・と思ってたところでしたが
イノシシ先生が腐敗を知らせてくれたので
無視できなくなってきました。

特に土手のすぐ下は、上から流れてきた水が溜まってるようで
歩くとズブズブ〜と沈みます。
下に水があって、土がブカブカしてる感じ。


それで、雨が上がったらすかさず溝切り
ふつうはこんなに土が濡れてる時は
畑に入らないんだけど
とにかく、一歩でも進めたい。
(掘った土は練られてしまうので、後で回収する予定。)
雨が上がった2時間とか3時間とか、ちょこちょこやってました。


↓やっと晴れた昨日
R1287114.JPG

見た目には水はなくても
雨が降って一日たってても
掘ると、水がしみ出てきます。

R1287111.JPG

R1287112.JPG

しみ出た水が下へ下へと
小さな水の道が幾筋もできてます。



R1287113.JPG

↑土手の下からしみ出てます

R1287119.JPG

幅は底面でクワの幅、12センチ程
深さは30cm〜深いところで50pくらい



水の道を作ったら
下へ下へと行くのは当然で
大雨の時に、滝のように排出されたらしく
3段目の畝の上に泥がかぶさっていました。。

R1287110.JPG

これも早いとこ、要・改善だ〜〜















posted by egri at 23:43| Comment(0) | 畑のこと

2014年08月14日

田んぼ近況

8月11日
この日はお盆帰省。
出発前の田んぼの見回り。


毎日一回は見に行かないと
モグラやカニが畦に穴を開けて
水が減ってたりします。

上の田んぼ

DSC_1267.jpg
↑ 田んぼの区切りに線を描いてみた

一枚の田んぼに見えますが、線のように分かれています。
(L字にコンクリで仕切りが入ってるので、トラクターとかは越えられなくて
出し入れがちょっとめんどくさい)

線の向こう側はヒノヒカリ
手前は緑米


↓緑米の隣りはカオリ米
長粒種で、タイ米の高級な品種らしいです。
友人に種籾をわけてもらいました。

DSC_1270.jpg
カオリ米は背が高いです。
すでに1mくらいは伸びてます。
くれた友人によると、2mくらいまで育つらしい‥!
こんな真ん中に植えちゃったよ。。



↓ヒノヒカリ
この辺は植えはじめで、最初は細い苗ははねてたから
いい苗ばかりのところとあって、立派。
途中から苗足りないかも・・となって、選ばず植えました。

DSC_1276.jpg



下の田んぼ

↓ヒノヒカリ
ぐるりに里芋植えました。

DSC_1280.jpg


↓黒米
DSC_1294.jpg


上の田んぼは自由に水が入れられるので、冬水田んぼにしました。
下の田んぼは水路に水がくる6月はじめ頃に水を入れました。


いろんな藻がいます。
はじめはアオミドロ、アミミドロ
最近、サヤミドロが増え始めました。

DSC_1272.jpg
↑ アオミドロ(上の田んぼ)

この日もモグラが穴を開けて
危うく水が減ってましたが
サヤミドロが観察できました。

DSC_1283.jpg

DSC_1285.jpg
↑サヤミドロ(下の田んぼ)

DSC_1291.jpg
↑マツモ、かな?(下)








posted by egri at 01:02| Comment(0) | 田んぼ